1/1
18人が本棚に入れています
本棚に追加
/14ページ

「フザたもん、送りつけやがって!」 「グミオのくせに!」 「最底辺のくせに!」 って、キレましたよ。 グミオのことシメてやるって、マサキ、トウシ、俺の三人であいつんちに乗り込んだんです。 ところが、家にはグミオはいなかったんです。 一緒に暮らしていた婆さんの死体があって。 もう完璧に腐っていました。 警察の調べじゃ病死ってことでした。 グミオが病死した婆さんの死体を放置して、どっかに出かけたのか、 グミオが出かけたあとで婆さんが病死したのかは、わからないってことでした。 グミオの家で俺たち三人が見たのは、ぶら下がり棒やダンベル、ベンチプレスといったトレーニング器具。 公務員試験の問題集。 それに、グミオのものらしい血まみれの足跡でした。 その足跡もなんか変なんですよ。 足の指が妙に短いような……。 しばらくして、高校でもサッカー部に入ってレギュラーだったトウシのところにグミオの足の指が届きました。 郵便で。 第一関節、第二関節で、ちぎれていて、どろどろのぐちゃぐちゃに腐った指です……。
/14ページ

最初のコメントを投稿しよう!