特別で普通の冬の日に

9/10
9人が本棚に入れています
本棚に追加
/10ページ
白い息が止まった。驚いたように口を半開きにして翔は私の顔を見つめる。 「覚えてるみたいだね」 「……ああ」 すぐに目線は逸らされてしまったけど。 「あの言葉、今でも思い出すんだ。イヤホンつけて一人になったときとか」 赤色のマフラーを引っ張る。何かに触っていないとまた誤魔化してしまいそうだったから。 「私、ずっとこうして翔の隣にいれるんだと思ってた。思ってたっていうか、疑ってなかったっていうか。それが私にとっての普通で、当たり前のことで、それでいて特別なことで」 だから、だから、グサッと突き刺さったんだ。氷柱(つらら)のように私の心に。 「だけど、それは私が勝手に思い込んでいただけだったの? 私と翔は最初から一緒にいなかったの?」 溢れそうになった涙は、温かい何かに包まれて止まった。って、え? 「……違う」 すぐ耳元で声がする。だんだんと顔が熱くなってくる。背中にあるのが腕で、顔が当たっているのはーー。 腕が肩へと移動し、顔が離れると急に冷気が身体中を突き抜けていった。唇がしびれたみたいに動かない。 「恥ずかしかったんだ。一緒にいるのが。周りからは冷やかされるし、どうやって隣にいればいいのかわからなくなって」 えっ? それってーーつまり。 翔は額に手を当てて大きく息を吐いた。その顔が赤くなってるのは寒さのせい? 「カッコ悪。まさかこんなこと言われるなんて思ってなかったし、こんなに傷つけてたなんて知らなかった……あのさ」 その黒い瞳に私の目はくぎづけになっていた。 「俺、この前、後輩に告白されたんだ」 知ってます。 「だけど、すぐに断った。他に好きなやつがいるって。そいつは、ずっと一緒にいるんだけど、飽きることなくて、からかいがいがあってーーつまり」 ちょっ、まっ! なにこれ、恥ずかしい! 「つまり、俺は、お前のことが」 どうしよう。心臓がうるさいくらいに跳ね回ってる。 「普通に好きです」 って、え……? 「ふ、普通に好き?」 「え? そう、普通に好き」 私は足元の雪をつかむと勢いよく投げつけた。 「そんな告白のセリフがあるか!」 「冷たっ! お前、彼氏に向かってそれはないだろ!」 「誰が彼氏だ! もう一回やり直せ! また変な思い出つくりやがって!」
/10ページ

最初のコメントを投稿しよう!