<第四章> 蟻の王

1/3
8人が本棚に入れています
本棚に追加
/11ページ

<第四章> 蟻の王

ハッと目覚めると、そこは白い部屋だった。清潔な壁、カーテン、ベッド。規則的な音を出す機械。病院だ。 僕は、助かったのか。 しかし、凄い夢だったな。人工呼吸器のマスクの下で、クスッと笑った。 程なくして看護師が来て、僕の手術を担当した医師も説明に現れた。 「重体でしたが、現場に居合わせた通行人が直ぐ通報してくれてね。なんとか、救命措置が間に合いました」 良かったね、と医師が笑みを浮かべて言う。 僕は御礼を言うと、気を失う寸前に聞いた女性の叫び声を思い出した。彼女が通報してくれたのだろうか。 僕の身の回りを世話してくれる、担当の看護師は気さくな人で、一週間程の入院のうちに、冗談などを言うようになった。 点滴の替えを持って来た看護師に、いつもの世間話の流れで、自分の見た夢の話をした。 「僕、寝てる間に面白い夢を見たんですよ」 「へえ、どんな?」 看護師は手際よく、作業を進めていく。 「うん。それが、蟻の王様が出てくるんです。それで僕は蟻の王国で、」 ふと、看護師の手が止まったのに気付いた。 「どうしました?」 そこまで変な事を言ったのだろうか。夢だと前置きをしたのだから、突拍子も無い事を言ってもおかしくない筈だ。
/11ページ

最初のコメントを投稿しよう!