裏切りの向こう側

1/2
153人が本棚に入れています
本棚に追加
/74ページ

裏切りの向こう側

『はぁぁぁぁ…ダメ』 『…聴こえない」  息ができないくらい唇を奪われている最中、彼の右手が私の下着に触れる。 『はぁぁっぁ…んんお願いもう止めて』  私は、彼の手を唇を奪われながらも、払い退けようと腕を伸ばす。  だけど、すぐに彼に腕を掴まれ、また唇を塞がれる。 『…』  彼=堂城君の激しい口づけに私の理性は完全に破壊された。  その証拠に、私はいつの間にか自ら下着を脱ぎ捨ていた。  そして、全てをさらけ出した状態で堂城に抱きついた。 『…私を壊して』 『…樹利亜』  そのまま樹利亜と唇を重ねあったあと、堂城は彼女の体をベットに押し倒し、その唇にキスを落とした。 『樹利亜好きだ!』 ※これは、樹利亜の夢の中の話です。 ★  堂城君。今どこに居るの?  夢じゃあなくて、本当の貴方とキスしたい。  貴方の温もりを感じたい。貴方に触れたい。  夢じゃあ全然物足りない。  私は、今でも貴方が好き。  私が、結婚したいのは…七瀬龍治じゃあなくて堂城君…貴方だけ。  堂城君。早く私に会いにきて。  ☆ 「休憩行ってきます!」  今日は、朝から堂城君に抱かれてキスまでされる最高な夢が見れたから、あいつがコツコツ貯めているあいつ名義の通帳から5万を引き出した。  ※七瀬龍治は、私を堂城君から奪い取った時点で私に興味がなくなった。だから、私が自分の通帳からお金を引き出そうが全く興味すら持たない。  なので、今日はこのお金でランチを食べに行く事にした。  そして私は、彼と出会った。
/74ページ

最初のコメントを投稿しよう!