Prolog

1/1
7人が本棚に入れています
本棚に追加
/47

Prolog

私が生まれてから、今までの時間。 色々なことがあったのだが、それらは良くも悪くも、私の人生なのだ。 男として生まれてきた私。 今まで出会ってきた人達。 今まで見てきた世界。 今まで実感してきた感覚や感情。 どれも全て、私の思い出であり、人生なのだ。 だがそれも、あとどれくらいなのだろうか。 私はこのまま、無事に生涯を終えるのだろうか。 私はこのまま、このままで良いのだろうか。 そんなことをふと思ってしまう私は、一体何をしているのだろうか。 何をすれば良いのだろうか。 否、やはりこのままで良いのだろうか。 なあ、私。     
/47

最初のコメントを投稿しよう!