take2

1/28
7人が本棚に入れています
本棚に追加
/47

take2

今の時刻は午後3時。 写真を撮りながらさらりとその辺りを回って帰っても、1時間程度だろう。 軽い散歩だと思おう。 いつも外を出歩く時よりも、少し荷物が多い分、歩くスピードも心なしか自分でも遅いのではないかと思う。 まあ、焦る旅でもない。 ゆっくりしよう。 これから使えるフィルムは、23枚。 さっきの1枚も一体どんな遠藤が写っているのだろうか。 フィルムカメラの特徴でもある、写真を撮れる枚数に限りがある、という面に関しては、今のデジタルカメラに慣れている人からすると厄介だろう。 撮り直しが効かないのだから。 その分、1枚1枚を丁寧に撮りたくなるもので、私はそこが好きなんだ。 撮るときの緊張感、現像してもらう時の期待感。 今こうして歩いている間も、私を高揚させてくれる。 さて、まずはどこへ行こうか。 何を撮ろうか。 人か、動物か、静物か、風景か。 いや、人になると勝手にとっては怒られてしまうだろうか。 動物も、フィルムを巻いている間にどこかに行ってしまうのではないか。 そうなると、静物の草花や何気ない空き地といった風景になるのか。 そんなことを思いながら歩いていると、目の前に見えてきたのは、私の母校だった。 「小学校か」     
/47

最初のコメントを投稿しよう!