ぶれいくたいむ②
全4/11エピソード・連載中
137/326

ぶれいくたいむ②

みなさまこんにちは♪ 第二章お疲れさまでした。 ちょっと長かったですね(´-`;) 今回の話は『4』を書いていた頃から構想を練っていたもので、苦労人である百瀬の救済を目的としております( ´艸`) 克子、恐ろしい子……!(白目) じゃなくて、いろいろ抱えたかわいそうな子なんです。ハイ。 「私なんて……」 「俺なんか……」 と、謙遜ではなく、それが標準装備のようにいつも自己評価の低い方っていらっしゃいますでしょう? 百瀬もそのタイプなんです。 でもですね、百瀬も頑張っとるんですよ(笑) だから、スペシャルなご褒美をあげたくて、パツキン☆激マブなカノジョを用意したというわけなのです(〃艸〃)ムフッ そのイリーナは、『ストロガノフ』という名前を使いたくて作ったキャラクターです。 日本でもカレールウのようにビーフストロガノフのルウ等でお手軽に作ることができますが、私がイメージしているストロガノフは、クリームシチューのような色をした、ウクライナ風のストロガノフ。 しかし、章タイトルに載せたい画像が無料&著作権をクリアする物の中ではなかなか見つからず……。仕方なく、鉄人・坂井宏行シェフのレシピを元に拵えました。って、全然白くないじゃないかっていうね(笑)坂井シェフのは、玉ねぎを飴色まで炒めるレシピだったのです。 結構簡単でしたよ(´ω`)b イリーナというファーストネームは、昔好きだったロシアのフィギュアスケート選手から取ったのですが、調べてみたら『平和』という意味だそうで、考えていた性格とますますピッタリじゃないか♪ と一人でウホホ状態。 こういう嬉しい偶然が起きるときは、トントーンと順調に書けたりするものなのですが……(´Д`) 私はどうやら、自分で認識している以上に克子のことを愛していたようで(笑)、彼が実父と再会するところや、イリーナと別れるところは、書くことが決まっているのに書くのが嫌で、なんだかウダウダしてしまいました……。スミマセン。 ↓ユルいラテアートに免じてお許しください。 しかし、ユルい……!゚.・。>(≧ε≦。)プフッ これは少なくとも星路が作ったもののではない……と、思いたいです(笑)image=512078626.jpg
137/326