ぶれいくたいむ①
全2/11エピソード・連載中
50/326

ぶれいくたいむ①

皆様、こんにちは。 『1』開始当初からずっとご高覧いただいている方、数多ある作品の中から最近見つけてくださった方、いずれの皆様も誠にありがとうございます。 ここのところずっと涼しかったのですが、また暑さが戻って参りました。 さぁさぁ、↓冷たくてビタミンたっぷりのスムージーをどうぞ(*´∀`)♪ 前の『4』でまどかと陽一がくっついたわけですが、そうしたらなぜか「で? この後どうすんの?」というような感じになってしまい、なかなかパソコンに向かう気持ちになれませんでした。はい、吉田は実際の体力だけでなく、『書く持久力』もないのです。 他の皆さんがなぜあんなに更新スピードが早いのか、複数のお話を同時に書くことができるのか、いつも驚嘆しておりますΣ(゚Д゜) 以前のように寝食も忘れて書き続けるということも、もうできなくなりましたしね……(これを世に『年取った』といいます。悲しい) そうしますと書く時間が少なくなるのは致し方ないことです。ほとんどアウトプットせずに(ここ五年くらいほとんど本を読んでいないし)、ずっと長い期間書き続けているというのも原因だと思うのですが(´□`) さて『5』の第一章は、ネット社会の直接的ではないコミュニケーションの形、それから匿名性について書いてみました。現実社会でもネット社会でも、相手をおもんばかる気持ちを忘れずにいたいものです。image=511255958.jpg
50/326