夏の色

病室は白、血の色は赤。

10 251

1分 (164文字)
初心者で、まだ右も左もわからずですが、気軽に感想など頂けたら嬉しいです。

あらすじ

詩、散文です。実体験を元に、妄想を膨らませてみました。

目次 1エピソード

感想・レビュー 2

突然の自分語りになりますが、すごく前に、白血病で入院した妹の、見舞いに行った帰りの夏の日の蝉の生々しい音の洪水を思い出します。そして、その後に生まれたもう一人の妹の名前が、”のぞみ”なんです、、Σ(・
拝読しました。短いながらも色彩感覚に溢れた作品でイマジネーションを刺激されました。病院という場所を色分けする着眼点も素敵です。そして、灰色に塗りつぶされないように抗う作者の視点もフレッシュです。素敵な

その他情報

公開日 2018/7/11

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る