僕はまだ燃えるような朝焼けを知らない

★危うく奇妙な同居生活★この結末、全米粉と涙の塩味でパンが焼けます

166 1,903

恋愛 完結
3時間34分 (128,282文字)
絵と夢とコーヒーと。そして僕と、あかり。

あらすじ

気持ち悪いクラスメートのあかりが僕の部屋に押しかけてきた。理由は「取材」のためだという。一体何の取材なのか? 夢を置いてきた僕と、夢に真摯なあかり。夢とコーヒーが繋げる二人の物語。 このエンディング、

感想・レビュー 3

※このコメントはネタバレを含みます

※このコメントはネタバレを含みます

二瀬幸三郎です。 いつもご高覧並びに応援ありがとうございます♪ そして、〈僕はまだ燃えるような朝焼けを知らない〉、楽しみに拝読させていただいております♪ 今回、気になったことがあり、メッセージを送

その他情報

公開日 2018/7/12

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

夢の記憶

恋愛 連載中
8分 (4,795文字)
もっと見る