白き花は夢を見る

人間から身を隠し暮らす妖狐と人間の愛の物語

malus

34分 (20,111文字)

6 225

あらすじ

あらすじ 森岡大地は祖母を死を受け、ある目的のために彼女の故郷へ向かった。そこは古くから妖狐の 住まう村だった。大地の祖母は元々妖狐であった。 妖狐の村では代々「王」と「玉」という番の特別な存在

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品