プロローグ

1/4
149人が本棚に入れています
本棚に追加
/228ページ

プロローグ

 風のない夜。空は雲に覆われ、海上は真っ暗だった。  若い船乗りのドードは、望遠鏡を片手にインバース号の船尾で見張りをしていた。その隣に、恰幅のいいギムリが立ち並んだ。腕組みしながら暗い波間を眺め、持ち前の野太い声で尋ねる。 「間違いねぇか」 「はい、頭。ブラックオルカが、後ろにぴったりと付いてきてますぜ。この距離じゃ逃げきれないっすね」 「ふん、真っ暗な中でこんな小さな帆船を見つけ出すなんて、さすがバルモア国の軍艦だな」 「感心していていいんすか。あれを、やるんでしょ」 「ああ、そうだな。皆を起こして準備しろ。オレには他にやることがある」
/228ページ

最初のコメントを投稿しよう!