1/91
34人が本棚に入れています
本棚に追加
/91ページ

 魔法陣。  魔導書。  異世界。 「ありえない」  信じる、信じない、信じたい、信じ難い。  その本は確かに、魔導書であり異世界のことが書かれており魔方陣が記されていた。  残るは鍵。鍵さえ見つけることができたなら、そこに行ける。  行きたい、行ける、行けない。  本を閉じた。金庫にしまい、家に帰ろう。  遠くで電話が鳴っている。  誰かとるだろうと思っていたが、なかなか電話は鳴りやまなかった。  随分遅くまで居残っていたようで、もしかすると他に誰もいないのかもしれない。急用だったら大変だと、資料室を出た。少し慌てて出たせいか、後ろで盛大な物音がしたが、今は電話だ。  ※  西に共和国、北に帝国を望む位置にある小さな島、グルクルソッホ。  現地の古語に曰く、黒(グルクル)、水(ソッ)、湧く(ホ)。  黒い水、あるいは燃える水と呼ばれるものが湧いて出る。  燃えるのだ、水が。  その水を得たものは、それは限りない可能性に満たされることだろう。  その小さき島を所有するのは、島の南に位置する小国ゼゼウ。     
/91ページ

最初のコメントを投稿しよう!