日本公演

13/14
340人が本棚に入れています
本棚に追加
/169ページ
ディーナは俺の長い話を休憩もせずに聞いてくれた。 そして、全てを話し終えた俺は、コーヒーを作ってディーナへ渡す。 『聞いてくれてありがとう。ディーナ』 『ええ…』 ディーナは温かいコーヒーをゆっくりと飲み、ふーっとため息をついた。 『驚いたわ。竜也がミステリアスなのは、そういう経験をしたからなのね。 強さの秘密もわかった気がするわ』 『ミステリアス?そう思っていたの?』 『ええ。スタッフたちもみんなそう言っているわよ』 『まさか!そんな風に思われていたなんて!』 俺もコーヒーを飲みながらディーナと笑う。 そして、一番ディーナに言わなければならない事も、今ならば言える。 『ディーナ…その…この前はごめん。 俺、あれから色々考えたんだ』 『あー、私こそごめんなさい。 リュウヤの気持ちを考えていなかったわ。 いいのよ、もう忘れて! 私もちょっとどうかしてたと思うわ。 結婚なんてまだ『ディーナ』』 『俺と結婚して下さい』 慌ててディーナの言葉に被せて言った。 『…早いと思うのよ…』 驚いて目を見張るディーナに俺は告げる。 『俺と結婚して下さい。ダイアナ』 俺はディーナの左手を取り、薬指の先へキスをした。 『…どうして?』 俺が顔を上げてディーナを見ると、ディーナは俺を見つめて呟いた。 『俺はダイアナよりも年下だし、収入も低いただのバックダンサーだ。 でも、ダイアナを好きな気持ちは誰にも負けないし、これからもずっと一緒に過ごしたいのは誰かと考えたら、ダイアナだった。 俺はダイアナと一緒に人生を送りたい。 こんな俺でも、ダイアナと結婚したら、ふさわしいパートナーだと言われるように頑張るから、どうか俺と結婚して欲しい』 一気に言うと、急に恥ずかしくなってきたのと、怖くなってきたのと、複雑な気持ちになって下を向く。 あえてダイアナ、と彼女の本名で告げたから、俺の本気度は理解してくれたと思うのだが… 『…』 ディーナからの返事がないので、上目遣いで見ると、ディーナの目からは大粒の涙が流れ落ちていた。 『ダイアナ!?』 慌ててティッシュを取り、ディーナの涙を拭くと、ディーナは微笑んだ。 『リュウヤって優しいよね』 そう言われて、俺は急速に体温が冷えるような感覚に陥った。 断られるのか。 『優しくないよ。気に入らないヤツには優しくしない』 頭があまり働かなくなってきた。 どこか遠くで物事が動いているような感覚になっている。 『私はリュウヤの優しさを独り占めしたい。 他の女性と話をしている所も見たくない。 リュウヤは私の物だわ』 遠くでディーナの声がするが…どう受け取ればいいんだ?
/169ページ

最初のコメントを投稿しよう!