チョコミントの日

6/21
12人が本棚に入れています
本棚に追加
/21ページ
その後ろにボールの入った大きな鉄製の籠を重そうに抱えるマネージャーたちが歩いてくるのが見えた。 俺は一年生の男子部員に声を掛けて、マネージャーのもっている籠を持ってやれと命令した。 これは先輩の特権で、この命令に逆らう事は出来ない。 三人の男子部員がマネージャーのところへスパイクの裏を鳴らしながら走って行く。 そして交代してその籠を部室へと持って行った。 その後から一年生と二年生の四人のマネージャーが俺たちに礼を言いながらマネージャーの部室へと歩いて行った。 運動部のマネージャーはマネージャーだけの部室があり、その部屋を使っている。 その部屋に入った男は誰もいない筈で、中がどうなっているのか想像もつかなかった。 「先輩」 ふとそんな声がして、俺と彰は振り返る。 さっき俺に手紙をくれた一年生のマネージャー、高木だった。 高木明日香。 「明日香」と親しみを込めて呼ぶ部員も少なくないが、俺は彼女の事を「高木」と呼んでいた。 そのままアイドルグループにでも居そうな可愛い子だった。
/21ページ

最初のコメントを投稿しよう!