第6話 後ろ暗い気持ち

1/1
6人が本棚に入れています
本棚に追加
/26ページ

第6話 後ろ暗い気持ち

「あ、お兄ちゃんお帰り~」  俺が自宅玄関の扉を開けると、棒キャンディーをくわえた薄着の妹、佐久良 美夢(さくら みゆ)顔を出していた。 俺は「あぁ」と返答し、靴を脱ぐ。そして洗面台に向かい手を洗うと、リビングから美夢が話しかけてきた。 「ねぇお兄ちゃん。飴玉、舐める?」 「なに味だ?」  俺が手を拭きながらそういうと、美夢は驚いたような声を上げた。その反応に俺は困惑した。 「え、くれるんじゃないのか?」  俺が確認するように言うと、美夢は慌てて返答する。 「あ、うん。あげる。あげるんだけど……お兄ちゃん、いつも断るじゃない?だからちょっと意外だったって言うか……ね?」  そうだっただろうか。 「今日はちょっと考えることがあってな。頭をスッキリさせたいんだ」  そう返すと、美夢は「ふーん、悩み事?」と聞いてきたが、さすがに内容が内容なので、「ちょっとな」と言って誤魔化した。 「それで、くれるのか?くれないのか?」  俺はリビングに着き、美夢の座っているソファーに手を置いて聞くと、美夢は「はい」と数個の飴玉の入った袋をくれた。 「ありがとう」  俺はそう言って二階の自室に行った。そして俺はすぐに自分のパソコンを起動し、『篠倉彩』について調べ始めた。寧々の誘いを断ったのは、別に事件に関して何も思わなかったからでは無い。厄介そう、めんどくさそうと思ったからだ。だがそんな感情で断ってしまうと、後ろめたさが出てしまう。なので何か新しい情報があったら、教えようと思ったのだ。だが。学校のホームページ、特になし。警察のサイト、知らなかった情報は無し。掲示板、噂か嘘か真か分かりやしない。 「はぁ……」 結局、大した情報は得られなかった。情報も古いもので、もう犯人を捜しているのは寧々だけなのではないだろうか。俺はそんなことを考えながら飴玉を舐めた。口いっぱいに甘みと酸味が広がった。
/26ページ

最初のコメントを投稿しよう!