マナオンの無い世界から④ 魔道六書とキビロス事変

いよいよ異世界に足を踏み入れた拓海と江利。それぞれの運命とは。

テツ

1時間6分 (39,047文字)

6 157

あらすじ

異世界に降り立ったタクミ(拓海)は、そこでまずエゴマの指導の下、悪魔化や他の魔術についてさらなる理解を深める。 一方で、ライス城に保管されていた死の石へいたる鍵のひとつが、キビロス配下の一団に襲撃され

シリーズタグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2018/8/12