おうじーびーふ
1/2

おうじーびーふ

「よくぞ参った、勇者ドナよ」 勇者ドナは玉座の間で、王様から直々のお言葉を受けている。 「ははっ」 勇者ドナは六歳なので、難しい受け答えはできない。 玉座の間に入る前に、「何を言われても『ははっ』と答えるように」と言われていたから、その通りに答えただけだ。 「勇者ドナよ。勇者の使命については、心得ておるな」 「ははっ」 「うむ。では規定通り、今日の正午、魔力還元の儀を執り行う」 「ははっ」 魔力還元の儀は、この五十年だけで十七回行われた。 これによって世界の魔力量が回復したという報告はないが、これのお陰でギリギリの状態を保てている、と専門家は言っている。 「王族からの殉還者は、第七王子アメデーオとなる」 「ははっ」 平伏して答える勇者ドナから視線を切り、王様は傍らに控える少年に目を遣った。 「アメデーオ、前へ」 「はっ」 王様に呼ばれた少年は、勇者ドナに並び立つ。 ドナよりも少し年上で、艶やかな黒髪に赤い衣装の美少年だ。 ドナは、そのキラキラした美少年を横目で除き見て、思わず「わぁ」と声を漏らした。 アメデーオはそれに気付くと、ドナの方を見下ろし、くすりと笑った。