アイマール・フィンの冒険Ⅱ~砂漠を航る者編~

王道ファンタジーを目指しました。新米冒険者アイマール・フィンの成長物語です。

145 8,618

2時間57分 (106,086文字)
今回は古代遺跡の秘宝を巡り、帝国、砂漠の部族、魔物、入り乱れての壮大な冒険ファンタジーとなっております

あらすじ

アイマールはセードルフの誘いで新たなクエストへ旅立ちます。王立図書館の研究員であるサラの依頼で砂漠の”旧王国遺跡群”に旅立つアイマール一行のお話です。セードルフの過去の話や宿敵となる軍事帝国ムドラスの

感想・レビュー 3

※このコメントはネタバレを含みます

転生系以外のファンタジーを読みたい方にオススメ アイマールシリーズをⅠ、Ⅱを通して読んで思う事は、非常に素直な文体で小説が読み易い事です。生活が忙しく一週間ぶりに続きを読み出しても、前回の場面はその
世界観を表現するためにシーンごとに丁寧に描写されています。 一方、戦闘シーンでは、このモンスターでいいのかというと、共存できなそうな敵と連続で戦ったりします。物語はかなり途中な感じがしまして、星評価は

その他情報

公開日 2018/11/24

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る