第1章 俺が乙ゲー転生ってマジですか?

1/35
2143人が本棚に入れています
本棚に追加
/684

第1章 俺が乙ゲー転生ってマジですか?

00話 呆気ない終わり   ──俺は何でもできた。 勉強やスポーツはもちろん教養や芸術、何においても何一つ誰にも劣ることは無かった。 ──でも、俺は何一つ持っていなかった。 子供の頃は神童と呼ばれたが、後にあまりに常軌を逸した能力で¨化け物¨と呼ばれ遠巻きにされるようになった。 そんな俺を家族は裏で気味悪がりながらも、利用していた。 ──俺は奴らを切り捨てた。 後悔はなかった。 俺にとって、奴等は不要の存在だと判断した。 その判断は正しく、俺はその後何年かは平穏に暮らすことが出来た。 平穏で、つまらない日々だった。 しかし数年後、奴等は再び俺の前に現れた。 多額の借金を背負い、金を無心しに来たのだ。 「だって、家族でしょ? お母さん達を助けてくれるわよね?」 母親だった女が言った。 醜い笑みを浮かべていた。 「……馬鹿だろ」 思わず口からこぼれた。 でも本当に馬鹿だ。 そもそも俺は手切れ金として多額の金を渡していた筈だし、それを使い切るどころか借金まで作るとは、馬鹿としか言い様がない。  ……しかも¨家族¨とは笑わせる。 散々利用しておいて実に馬鹿馬鹿しい……そんな事、思った事もないだろうに。
/684

最初のコメントを投稿しよう!