第2章 俺と攻略対象者と、時々悪役令嬢

1/88
2141人が本棚に入れています
本棚に追加
/684

第2章 俺と攻略対象者と、時々悪役令嬢

01話 とある腐女子によるネタバレ?   『キーンコーンカーンコーン』 4時間目が終わり昼休みに入ると、今日もアイツが教室に入って来る。 招かねざる客人だ。 「よりちゃーん! 一緒にご飯食べよーぉっ!」 そう言って教室に入って来たのは、ボブヘアの可愛いらしい少女、須藤 由奈。 容姿だけならこの高校でも5本の指に入る。 しかし彼女は決してモテない。 なぜなら…… 「聞いてっ! ナナツミのファンディスクが昨日届いたのっ!! しかも」 「ハイハイ、落ち着いて由奈。まずナナツミが何か分かんないから」 興奮気味の少女を制したのは、眼鏡をかけたこれまた美少女。 彼女達二人はとても仲が良く、毎日昼御飯を一緒に食べていた。 「えー?! 前にも話したことあるよ? いつもちゃんと聞いてないでしょー?」 由奈は頬を膨らませ抗議する。 見た目だけなら、大変可愛らしい。 見た目だけなら。 「キイテル、キイテルッテ」 「棒読みじゃん!! もー、もう1回言うから今度は覚えててよ? てか、ゲーム貸すから! まじで貸すからっ!!」 「え……やだよ、メンドイ」 眼鏡の少女、為永 依子はこれにすげなく返す。
/684

最初のコメントを投稿しよう!