樹神祀梨は飲んだくれ

見えないものが見える幼少期を過ごしたら、微妙にズレた大人に成長すると思うのです。

舞砂花螺

青春 完結
35分 (20,892文字)
短いのでちょっとしたオチを用意してみました。たぶん途中でオチの予測はつくと思います。

7 269

あらすじ

僕、百目木幸多郎(どうめきこうたろう)と、 彼女、樹神祀梨(こだままつり)は、普通とはちょっと違う体質である。 それが僕達を結び付けたきっかけなのだけれど、祀梨はそのせいで疲れ切っていた。 だから

タグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

その他情報

公開日 2018/7/31