あなたがここにいてほしい Wish you were here

喪失の鈍い痛みを抱えつつ、俺は彼女の故郷・岩見沢を目指す。

7 67

恋愛 完結
15分 (8,466文字)
氷室冴子先生の故郷・岩見沢は美しく、やさしい人のいる街でした。

あらすじ

空港から車を借りた俺は、喪失感と下腹の鈍い痛みを振り切るようにカーラジオをつけた。流れ出た音楽は偶然にも、ピンク・フロイドの「Wish you were here」。初めて会ったあの日、俺とるりとの間

目次 1エピソード

感想・レビュー 2

お久しぶりです。その節はありがとうございました。お疲れ様でした。作品を読んで二つ感動しました。一つは市内をご案内した時のことが思い出され少なからず作品のお役に立てたこと。それととりおさんの観察力と記憶
「氷室冴子読本」を読んでる最中だった私にはナイスなタイミングでした。

この作品を含む作品リスト 1件

その他情報

公開日 2018/7/30

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る