1.皆既月食の夜

1/4
27人が本棚に入れています
本棚に追加
/15

1.皆既月食の夜

 僕と彼女の出会いは唐突だった。  バイト帰り、夜中だというのに蒸し暑い空気の中月を眺めながら歩いていると、曲がり角から飛び出してきた彼女と出会い頭にぶつかるという、なんとも気恥しい出会い方をしたのだ。 「ご、ごめんなさい!」 「いや、そっちこそ大丈夫だった?」  街頭の灯りが僕と彼女の姿を微かに照らす。 「大丈夫です」 「そりゃ良かった……ってこんな時間に女の子が歩いてちゃ危ないよ」  僕のバイト先はコンビニだ。  本当は朝の6時までのシフトなのだが、明日の朝から改装作業が始まるとかで営業は零時まで、その後は片付け作業を3時までやって上がってきた。  今は多分3時半になろうとしている頃だろう。 「あ……そうか。皆既月食」  もう一度、夜空を見上げると丁度月が欠け始めた所だった。 「これ見に来たの?」  辺りを見ると、近くのマンションのベランダに人がいるのがちらほら見えた。 「え、あ、そう! そうなの!」  僕の問い掛けに彼女は弾かれたようにそう答えた。 「そっか。暗いから気をつけて」     
/15

最初のコメントを投稿しよう!