2.夢だった?

1/5
27人が本棚に入れています
本棚に追加
/15

2.夢だった?

 シャワーを浴び、午前中は寝ようとベッドへ寝転んでスマホのメッセージアプリを起動した。 ――今日は会えて嬉しかった。おやすみ。  その後、1分程画面を見ていたが僕が送ったメッセージに既読がつくことはなく、僕はそのまま眠りについた。  午後からは大学の講義がある為、セットしていたアラームの音で目覚めると、1件の未読メッセージを受信していた。  それは予想したものとは全く別の内容で、まるで冷水を浴びせられたようだった。  とりあえず、大学に行かなくては。そう思い、身支度をするもどうにも気持ちが落ち着かない。  一体、何がどうしたというのだ。  昨夜の出来事が全て夢だったとでも言うのか。  いや、そんな筈は無い。だって、湊の連絡先は確かに僕のスマホに登録され、彼女からの返信も受け取っているのだから。 ――すみません。どなたですか? 私のIDを誰かから聞いたのならすぐに削除願います。これを送ったらブロックさせていただきます。 「…………」  何度見てもメッセージは変わることなくそう表示されている。意味がわからない。 「周防、難しい顔してどうした?」  同じ学部で仲の良い吉良(きら)が隣の席に座るなりそう声を掛けてきた。     
/15

最初のコメントを投稿しよう!