【水深22.2m】

1/3
2人が本棚に入れています
本棚に追加
/3

【水深22.2m】

窓際の辺り。 囁きあっている、あの女子たちは。 あの子たちは、ひょっとして…私のことを? この私のことを、色々と、噂し合っているのかも…なんて。 けれど。 そんなことは、気にしたところで…そう、仕様の無いこと。 でも…。 こんなような、間は…嫌い。 大嫌い。 だから。 …ふわり。 ふわふわ…と。 私は…2.4mの上空へと。 そして。 …見下ろして。 彼女たちを、その高度から。 黒の髪。 茶色の髪。 きれいに束ねられた髪。 するりと伸びた、長い髪。 そして。 彼女たちは…口々に、好きなことを言い合って。 けれど。 あのお菓子が、とか。 あのお店が、とか。 あの男子が、とか。 おしゃべりの内容といって…やっぱり、そんなもの? 私のこと…なんて。 誰も…気にしてもいない? それなら、それで…気が楽、ではあるけれど。 けれど。 うん。 つまらない。 つまらないよ…やっぱり。 と。 教室の引戸の…開く気配。 同時のこと…スピーカーから、単調なチャイムの音。 私は…ほっと。 なんとなく…そう、ほっとする。 そして。 また…授業がはじまる。 なので。 私は…降りている。     
/3

最初のコメントを投稿しよう!