祭りの終わり(ハリー)

1/10
315人が本棚に入れています
本棚に追加
/59

祭りの終わり(ハリー)

 三日間にわたった婚礼の祝祭も今日が最後。  何処か名残惜しい空気も残る町中に、ハリーはコンラッドと一緒にいた。  通りを見下ろす個室の店から、ハリーは寂しく光景を見ていた。 「なんだろうね。この、お祭り終わりの妙な寂しさ。日常に戻りたくない感じ」 「分からなくはないが、仕事は仕事だろ」  苦笑するコンラッドは、とても近い距離。個室で他に目もないから、隣りにそっと寄り添った。 「ハリー?」 「んっ、楽しかったなって。俺、打ち上げ出られなかったし」  季節の変わり目と遠征の疲れと気の緩みで軽い風邪を引いたハリーは、結局同期の打ち上げに出られなかった。思わずコンラッドに当たってしまったが、翌日ずっと側にいてくれたのでそれはそれだった。  肩口に頭を寄せれば、自然と肩に手が乗って抱き寄せてくれるようになった。肩にかかるその手に、ハリーはそっと触れた。 「コンラッド」 「ん?」 「有り難う」 「え?」  驚いたような声。見れば目もそんな感じだ。驚いて見下ろす瞳は、意外なものでも見るようである。 「俺の事、助けにきてくれて。教会で、さ」 「あぁ……」     
/59

最初のコメントを投稿しよう!