祭りの終わり(ハリー)

5/10
317人が本棚に入れています
本棚に追加
/59
★レイバン  慌ただしい数日が過ぎて、ようやく落ち着いたように思う。  部屋でのんびりとした時間を過ごしていたレイバンは、珍しく「開けてくれ」という外からの声に驚いてドアを開けた。 「どうしたのさその荷物!」  ドアを開けるとそこには、両手に一杯の荷物を持ったジェイクがいる。皿が二枚、腕にワインの入った籠だ。 「悪い、少し手が離せなかったんだ」 「いけど。それ、ケーキ?」  皿の上には大きくはないパイが二つ。丸い、数口で食べ終わってしまいそうなものだった。 「作ったんだ、食べないか?」 「この忙しいのに、わざわざ?」 「あぁ。これが届いたからな」  肘に下がっている籠を見せて笑う。レイバンはそれを覗き込み、思わず「あ!」と声を上げた。  そこにはシャトーで出会った貴腐ワインがある。当然グラスもだ。 「食べないか?」 「食べる!」  嬉々として皿を受け取りそれをテーブルに。その間にジェイクはワイングラスにワインを注いでいる。 「忙しかったから、ご苦労さんということで」 「お疲れ様、ジェイさん。乾杯」  乾杯のグラスを鳴らし、ワインを飲み込む。甘みが口の中に広がり、香りが広がっていく。 「やっぱ美味しい、このワイン!」     
/59

最初のコメントを投稿しよう!