化して生くる者の戻らざるや如何に〈明治妖狐譚 異聞〉 千代の巻

外伝的な短編です。本編も、ほそぼそと連載中。

10 126

8分 (4,639文字)
 時間や場所が離れてしまえば、人は、現実を現実と感じられない。そんな不安な部分に的を当てました。

あらすじ

 これぞ昔の物語り。語り手は、冬柴千代様に御座います。  うら若き乙女でありながら、旅芸人から、盗人、乞食、巫女に遊女、女中に密偵、何でも御座れのこの御方。実を結ばぬ、仇な花とも申しましょうか。  

キャラクター

タグは登録されていません

その他のキーワード

シリーズタグ

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2018/8/8

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る