勇者LV.2

1/28
97人が本棚に入れています
本棚に追加
/228ページ

勇者LV.2

 空気は乾いているが、曇りがちな空が見える。  どんよりとした空は嫌いじゃないが、あの空は普通じゃない。  既に最悪な状況だが、この先最悪の向こう側に行きそうだ。  うつむき加減で馬を走らせていると、鼻先に感じた腐臭、服の腐臭より新鮮な腐臭だ。警戒の為に、馬の速度を緩めよう。  おぞましい光景。戦争でもあったかのように、肉やら骨やら何やらが飛散している。アルベルバルトの町を襲いに来たモンスターを返り討ちにした現場なんだろう。  人型だったであろうモンスターの屍。  何人かの地元勇者と作業員が掃除しているが大変そうだな。  僕は、死んだような目でこちらを見る彼らを、もっとリアルな死んだ目で返し、薄ら笑いをしながら、その場を駆け抜けた。  もっと綺麗に片付けろよ、とか自分の事はさて置きそう思う。  死肉やら何やらを残していると、他のモンスターが湧くから、ちゃんと滅却処理とか、水で流すとか、土で盛るとかしないとダメなんだよね。  出来れば、草むらで戦うとか、場所は変えた方が良い。  でも、舗装されてる街道は、それなりに防御魔法とかモンスターが近づかない魔法が掛けられている筈なんだけど。  何か、背後から視線を感じる。町から着けつけられているのか。
/228ページ

最初のコメントを投稿しよう!