真夜中に振り向くアイツ

真夜中に目が覚めると、隣に背を向けたアイツが居て……

哀村圭一

ホラー 完結
7分 (3,744文字)

16 754

あらすじ

真夜中。気が付くと隣に誰かがいる。 そいつは常に背を向けていて、何故かアイツのような気がする。 そして、そいつがこちらに振り向く直前で、目が覚める。そんな夢……。 その夢は、人から人へと伝わり、その夢

感想・レビュー 2

終わりの見えない怖い話

ありきたりな怪談と思いきや、ページが進むにつれて、この話の本当の怖さがじわりじわりと伝わってくる構成が上手いですね。 不幸の手紙のようにどこからともなくやって来て、語り部を死に誘いながら、またどこか
1件1件
大変興味深く読ませて頂きました。 引きが非常に旨く、次を次をと読み手を期待させてくれる文章です。 そこに霊なる存在が居るのか?単なる夢か幻か? 日本人好みのホラー表現を非常に理解しておられる様で私
ネタバレあり
3件

この作者の作品

もっと見る