僕の秘められた能力
1/12
1/12

僕の秘められた能力

僕の名前は、高橋隆。”ある意味”平凡な高校生だ。 平凡の前に、”ある意味”と付けたのは、一つだけ非凡な能力を持っているからだ・・ その能力とは・・ 僕は、半年前・・突然、その能力に気づく事になる・・ その日、僕は、同じクラスの渡辺春香と一緒に下校をしていた。 春香は、まあ一応、彼女と言う事で理解して頂ければ・・ 「隆、あんた、裕里香に私と付き合っているって言ったでしょう?」 「ああ、聞かれたから、そう答えた・・」 春香は腰に手を当てて、目を釣り上げている。 「誰が、付き合っているって?? いつあんたと付き合うって言った??」 「えっ? でも・・」 「バカじゃないの! もう知らない!」 踵を返して、春香は走って行った。 「ちょっと待って!」僕も彼女を追いかけた。 その先の横断歩道を走り抜けようとした時、左側から高速で大型トラックが近づいて来た。 「危ない!!」 僕は春香を突き飛ばし、そして自分がトラックの前に飛び出した。 僕の最期の記憶は、春香の泣き声だった・・
1/12

最初のコメントを投稿しよう!