探偵紳士は二度蘇る ―イーストエンドの殺人鬼―

19世紀のロンドンが舞台の死に囚われたヴィクトリアン・ミステリー

246 585

2時間58分 (106,291文字)
イギリス貴族の死神探偵と世間知らずのフランス貴族がおりなす死と怪事件の物語

あらすじ

これは、貴族でありながら探偵を生業とする幼き紳士の、死に囚われた数奇な人生の物語である。 十九世紀――ロンドン。 テムズ川の北部にあるウィンコット通り。 身寄りのない者や犯罪者が埋葬される大規模な墓

シリーズタグ

感想・レビュー 2

ミステリアスな状況が終盤になるにつれて、ギュッと凝縮されていく…… こういうのが読みたかった! テンポも良く、ストーリーも無駄な話も無いので、物語の世界観にとても引き込まれてしまいました照

※このコメントはネタバレを含みます

その他情報

公開日 2018/8/11
特集

新作セレクション[9/13]

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る