茶トラ猫との真夜中の契約

わいは、恩返しがしたいのにゃ!

喜島 塔

13分 (7,785文字)
ケータイ小説初投稿です。お手柔らかにお願いします。

30 1,171

あらすじ

トラックに轢かれそうになった茶トラの猫を助けて、瀕死の重体に陥った、男子高校生「瞬火(またたび)シンスケ」の元に、毎夜訪れる「加東 茶太郎」という茶トラの猫は、ちょっと無愛想だけど、憎めないヤツだ。

感想・レビュー 4

楽しいけど、シリアルさもある

 とても良かったです。゚(゚´ω`゚)゚。  心優しい主人公の覚悟や気持ちは読んでいてとても感慨深いものでした。  加東さんも凄く素敵…そして、スッキリしたラスト!とても面白かったです♪  ありがと
1件2件
人気急上昇作品という事で、2ラウンド目、前編から再度読ませてもらっています! 才能もあり、心優しいシンスケ。 わずか17才で生涯を終えてしまう事は何とも残念だし、両親もさぞかし悲しむだろう。。人間の
1件1件
とても素敵な作品だと思います。 こと細かく感想をと思いましたが 私文才が無かった(笑 はい呪文笑いました←これ以上書くと ネタバレしちゃうので。。。 読ませて頂きありがとうございました。
1件1件
もっと見る

この作者の作品

もっと見る