5話 雨に濡れないで
1/12

5話 雨に濡れないで

北海道には梅雨が無いと言われているが6月は冷たい雨の日が多い。この時期咲くライラックの別名から「リラ冷え」などと素敵な響きで札幌テレビの気象予報士は説明するが、高齢者はそのまま「蝦夷梅雨」と言う事が多い。 そんな中、清掃員の小花は今日も朝から玄関の床をひたすらモップで拭いていた。 「おはよう。小花ちゃん」 「おはようございます風間さん。これから得意先へご挨拶ですか?」 「そ。うるさい人と営業に行ってくるから。あ、何か食べたいもの無い?俺買ってくる、って、痛?」 仲良く話す風間の背後にいた姫野が彼の右耳を掴んでいた。 「そんな暇あるわけないだろう。さあ、行くぞ。俺はパソコンを持っているからお前は玄関まで車を回せ」 「ふあーい」 風間は傘を広げ、隣接する駐車場へ向かった。玄関で彼を待つ姫野がふと見ると、小花がじっと自分を見ている事に気が付いた。 「何だ?」 「いえ、あのその……」 「何だか言え!」   すると小花はいきなり姫野の背にシャーとスプレーを掛けた。 「おい!何をするんだ?」 驚く姫野に動じず、無表情の彼女は彼の全身や靴に煙を吹きつけた。 「よし、と。……せっかくの素敵なスーツですし、濡れると会社が汚れますので。さあ、これでOKですわ」 「これは一体?」 ……ププッ! すると外から車の短かいクラクション音がし風間が呼んでいたので、姫野は玄関外を向いた。そんな彼に小花はにこやかに声を開けた。 「いってらっしゃいませ!足元に気を付けて、水溜まりに入らないで下さいね」 「俺を子供扱いするな!」