フライングキス 【祐太編】

7/18
106人が本棚に入れています
本棚に追加
/18ページ
委員の四人で一週間かけ、やっと企画を出し、 久しぶりに泉と下校できるのに、とんだ邪魔が 入ってしまった。 けれども他の奴らが帰ったとなると、中井一人に 押しつけるわけにもいかない 「泉、悪い。先に帰ってくれ。たぶん遅くなる」 「裕ちゃんとソフトクリーム食べたかったけど、 委員の仕事じゃ仕方ないね」 隣で俺達の話を聞いていた泉にそう言うと、 残念そうな表情で(うなず)く。 「アイスは明日な。荷物は後で家に届けるから」 「え、いいよ。自分で……」 「いいから。じゃあな、気を付けて帰れよ」 「うん、裕ちゃん、頑張って。中井先輩も、 さよなら」 「あ、さよなら」 トートバッグに伸ばされた手を押し(とど)めて、 中井と二人、昇降口を出て行く泉を見送った。 残念だけど仕方が無い。 責任は果たさなければ。 「ほら、行くぞ。おまえ、いつまで見てるんだ」 「いや、相変わらず可愛いなあと思って」 「見つめてもおまえにはやらん。行くぞ」 しみじみとそう語る中井を促し、元来た廊下を 引き返そうとした時─── 中井の口から、信じられない話が飛び出した。
/18ページ

最初のコメントを投稿しよう!