朔の夜は憂鬱

新月の真夜中は、つまらないことばかり考えてしまう。

4 412

13分 (7,759文字)
超・妄想コンテスト 第83回「青」優秀作品

あらすじ

朔夜は旧暦一日・朔の月のない夜が苦手。 真夜中に起きてしまった彼女は、真っ暗な中でつい、自らの過去について考えてしまい、寝直すことができなくなって……。 (2018.08.26 公開  2018.1

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2018/8/26

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る