第三章

1/12
37人が本棚に入れています
本棚に追加
/139

第三章

 翌朝。  デルは眠い目を擦りながらテーブルから顔を起こした。だが座ったまま寝ていたせいで体が硬く、まるで壊れかけたからくり人形のようにぎこちなく背もたれに体を預ける。  同時に毛布が背もたれから床に落ち、デルは昨夜のことを朧げに思い出した。 「おはよう、あなた。朝食の用意ができているわよ」  ほんの僅か前まではテーブルにチーズとワイン、夕食の残りが広げられていたはずが、今デルの目の前には目玉焼きと塩胡椒で炒めたベーコン、そしてエルザの趣味で作っているパンが湯気を出しながらそれぞれの皿の上に乗っている。  まるで連続で食事をしているかのような奇妙な記憶に、デルの胃は驚きを隠せなかった。 「………昨日の俺は、どこまで話したんだ?」  デルは寝ぼけた目を擦りながら、エルザが準備を終えて正面に座るまでナイフとフォークを両手に持ったまま止まっている。そして彼女がエプロンを取って椅子の背に掛けると、昨夜のことを思い出すように天井を見つめた。 「そうねぇ、冒険者から騎士になった辺りかしらね。入団試験が終わった話」少し、水増しして答える。 「そうか………やはり記憶にないな」  デルは目玉焼きの黄身をフォークで突き、半熟の黄身が白身の上を滑り落ちるのを待ってナイフで等分する。そしてその切れ端を焼き立てのパンの間に挟み込み、大きな口で頬ばった。 「………んまい」 「お風呂も沸かしてあるわ。時間はまだあるから、お仕事に向かう前に入ってしまってくださいね」  朝の準備が完璧に支度されている。デルは口の中をパンで一杯にさせながら大きく頷き、理解と感謝を同時に伝える。王城の文官であった彼女の実力は家庭でも色あせることはなく、あらゆる準備が既に済まされていた。  もしかしたら結婚も彼女の計画の内ではなかったのか。デルは時々そんなことを考えることがあったが、それ以上考えることは自分の為にも行おうとはしなかった。世の中には知らない方が良いこともある。冒険者や騎士団で学んだ処世術だ。  出発の時間まであと1時間。デルはベーコンを何度も噛みながら庭が見れる窓を覗くと、2匹の犬もデルと同じように朝食にありついていて尻尾を振っている。 「散歩も既に終わっているわ」コーヒーを片手にエルザは静かに答えた。 「………そうか」  本当によくできた妻である。デルは口の中のパンを牛乳で流し込んだ。
/139

最初のコメントを投稿しよう!