初めての友達

1/15
1569人が本棚に入れています
本棚に追加
/98ページ

初めての友達

その日はあまりよく眠れなかった。 一応、ファーストキスだったから。 そんな事をいちいち気にするタイプでは無いけど、まさかこんなところで奪われるなんて思って居なかった。ドキドキして、と言うよりはビックリが勝っていた。完全に。 眠い目をこすりながらリビングに向かうと、今までの日常通り、誰も居なかった。 総二さんは病院勤めの外科医で、お母さんは今日もおそらく朝帰り。アイツはまだ寝ているんだろう。 胸を、撫で下ろす。 一人暮らしのようだった私の生活は、どうやら今後も侵されないようだ。 いつも通り1人分の朝食とお弁当を作る。朝食を摂り、洗い物もさっさと済ませた。 玄関のドアを開けて外に出ようとした時、2階から音がした。 ーーーガチャ ドアが開く音。アイツが、起きたようだ。 もう、遅刻する時間帯だけどな。 そんな事を思いながら、私は駆け足で逃げるように家を飛び出した。
/98ページ

最初のコメントを投稿しよう!