紅い
全1/6エピソード・完結
1/43

紅い

――紅い。  目の端に、赤がチラチラと揺れる。 ――紅い。  スカートだ。  赤いスカートが翻る。  白い足がタンと跳ねた。 ――紅い。  タンッと踏んだ足を止めて顔を上げた白い肌は紅く染まり、満足げな笑みが浮かんでいる。  大地はぼうっとその少女を見ていた。  その時、大地は学校帰りだった。パンクしてしまった自転車を引いて、たらたらと歩いているところだ。  湯野尾神社の前に差し掛かった時、赤いものが見えた。最初は鳥居の脇に植えてある紅葉だと思った。けれども、今は紅葉が赤く色づく時期ではない。  近づいてみると、誰かが舞を舞っていることに気づいた。 「火の神……」  大地は我に返って、自分の口をふさいだ。  思わず出た声に、舞っていた相手が大地を見た。瞳に光がさして、漆黒の長いまつげが瞬く。つややかな黒い髪がしなやかに揺れて、白い肌を鞭打った。 ――女神。  大地はそう思った。  しかし次の瞬間、さっきまでの楽しそうな顔は消えた。眉間に皺を寄せ、不機嫌そうな顔を顕わにした。いや、不機嫌なんて優しいもんじゃない。にらんでいる。女神じゃない。鬼だ。  こっっっっわ。 「あの……ごめんなさい」  もちろん自分が何か悪いことをした覚えはない。けれども、反射的に謝ってしまった。 「誰にも言わないで」  少女は大地を睨みつけたままそれだけ言うと、鳥居脇に止めてあった自転車にまたがって、あっという間にカーブを消えていった。
1/43

最初のコメントを投稿しよう!