燃える怒り

1/6
18人が本棚に入れています
本棚に追加
/43

燃える怒り

 大口ふれあいセンターの二階には、大口図書館がある。  大地にとっては図書館と言えばふるさといきがいセンターにある菱刈図書館だが、大口図書館は菱刈図書館よりも大きいようだ。いずれにしても、大地は図書館とは無縁の人生を送ってきた  大地は本を探すふりをしながら、右を見て左を見て、高原まどかを探した。棚の間から首を伸ばしたりひっこめたり、どう見ても不審者だ。 (本当にいた……!)  まっすぐに背筋を伸ばしたまどかが、大テーブルのひとつに腰かけて本を読んでいた。  前に会った時と同じ赤いスカートが椅子から垂れている。  大地は行ったり戻ったりを繰り返してから、本棚から適当に本を取って高原まどかのはす向かいに腰かけた。  まどかは熱心に本を読みふけっていて、大地が座ったのにも気づかない。本を読むふりをして、大地はまどかの顔を盗み見た。  見れば見るほどに、清廉な美しさがある。真っ白でさらさらしていて、ひとつの曇りもなく、まっすぐだ。  ふと、高原まどかと目が合った。  黒い瞳に、光が映りこんでいる。初めて見たときと同じ、強い目だ。 「……何?」  まどかが眉をひそめて聞いた。  うっかり、見つめすぎてしまった。     
/43

最初のコメントを投稿しよう!