火の神
全5/6エピソード・完結
31/43

火の神

 9月に入ると、湯之尾神舞の練習が始まった。  まどかには父親の暴力のことについては、聞かなかった。まどかが話さなかったということは、まどか自身が話さなくていいと思ったということだ。  「火の神・大王合体の舞は、本番は火を使う。けど、まず最初は踊りを覚えるところから始めようか」  優しく動作を教えてくれるのは、まどかの祖父、稲森先生だった。この人は元教師だったらしく、教え方は懇切丁寧でわかりやすい。  舞の練習をしながら、ちらりと盗み見るが、いたって普通のおじいさんに見えた。あの日はどうしてあんなに高圧的に見えたのか。  なんども動作を繰り返し終えて、一旦休憩をとることになった。 「大地くんにはまどかと仲良くしてもらってるようだね」 「え……いや……まあ」  どういう意図の質問だろうか。やましいことはまだ何もしていないのに、責められているように感じる。 「ちょっと変わり者で手を焼くだろう」 「いえ」  変わり者かもしれないが、「はい」とは答えづらい。 「前にも神舞に出たいなどと言い出したことがあってね」 「出れないんですか?」  稲森先生は困ったように笑った。 「常識で考えてみてよ。出られるわけがないでしょう」  常識って何だろう。 「600年もの歴史のあるものを、個人のわがままのために壊すわけにはいかないでしょ。大体、女なら巫女とか、裏方とか、他にやることがあるのに、あえて男の役をやりたいなんて、ただの反抗心ですよ」  まどかは反抗心から、神舞を踊りたいと言うのか。わがままから大学に通いたいというのか。  大地にはそうは思えなかった。  あの燃えるような怒りを、そんな簡単な言葉で終わらせていいはずがない。  けれど、ここで稲森先生に意見ができるような大地ではなかった。  そんなことができるならば、とっくに父親を説得して原付バイクで登校しているはずだ。  強くなりたい。  まどかのように。  まどかの助けになるように。  強くなりたい。
31/43

最初のコメントを投稿しよう!