キミヲモフ恋唄

その唄声は、透き通る夜のように

7 11

ファンタジー 休載中
45分 (26750文字)

あらすじ

「〝雫〟を返してもらおうか」 家族や友だちと過ごす何気ない日常の中、ある日突然、非日常が訪れる。不思議な装束を身にまとった、青年の姿で。彼は言う。私が咎人だと。 そんなこと知らない。あなたなんて知

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2018/9/2

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る