koi ≫ 厚意?

1/26
986人が本棚に入れています
本棚に追加
/206

koi ≫ 厚意?

 ()()とは不思議な()きもので、(おそ)ろしく不自然たる(ちん)()でも、おのれが納得すればわりとすんなり許容できる。もとより、この場合『納得(なっとく)』ではなく『()れ』であり、『許容(きょよう)』というより『諦念(ていねん)』と言ったほうが正しいのかもしれないが……。 「今日はまた、いつにも()して難解(なんかい)だな……」  ソファー上の姫川(ひめかわ)さんを見下ろすと、(あい)()わらず綺麗なお顔で、それはもうすやすやと安眠を(むさぼ)られている最中(さいちゅう)だ。かたやオレはと言えば、初夏の()()しに(そそのか)され、(めず)しく早起きなんぞしてしまい、けれど特にすることもなくその結果、普段より1時間近く早い時間に会社へとたどり着いた。(めっ)()にない1日の()(あし)()めてくれとは言わない。それでも優等(ゆうとう)な出社一番の出来事がこれでは、(さわ)やかな気分も()()とされるというものではないだろうか。 「どういう(けい)()でこうなったんだ?」  普段ならばその姿をありがたく拝見(はいけん)させていただくところ、しかし今日ばかりは、到底(とうてい)、そんな気にもなれなかった。というか、(ひと)()では理解しがたい物体(ぶったい)が、姫川(ひめかわ)さんの衣服から()びだしている。しかもなにげに……。 「……生臭い……」  過去の経験上、無理に()こすと面倒になる可能性が高いので、とりあえずそのまま(ほう)っておくことにした。それがいい。この光景は見なかったことにしよう。
/206

最初のコメントを投稿しよう!