第7章 王立魔法学園

1/62
2797人が本棚に入れています
本棚に追加
/900

第7章 王立魔法学園

ミ「いよいよ学園生活が始まりますね」 黒「この章は長くなりそうだな」 セ「学園と言ったら何を想像するお前ら?」 黒「は?……ん~……勉強?」 セ「つまらんなぁ…」 白「えっと………部活動ですか?」 セ「はぁ……つまらんつまらん!!wwwつまらんぞお前ら!!www何?何なの?何なんなの?何当たり前な事言って優等生振ってんの?www」 黒「いや、これしか思い付かないのだけど…」 白「他に何か……!……///」 セ「お?お?おぉ!?白ちゃん気付いたか!!!?wwwやっぱり黒とは格が違うねぇwww」 黒「喧嘩売っているのかお前は?明日香何か気付いたのか?」 白「は、はい…///……れ、恋愛…ですか?///」 黒「恋愛か…確かに学園生活と言えば恋愛もあるよな」 セ「あーはいはい恋愛ね~」 白「あ、あれ?」 黒「何だその諦めたって顔は?」 セ「やっぱりつまらんwwwおいそこの天使お手本を見せておやりwww」 ミ「任せてください」 セ「さぁ!!では問う!!お前にとって学園生活とは何だぁ!?www」 ミ「ショタです」 黒「は?」 白「え?」 セ「素晴らしいwwwそれでこそミカエルだわwww」 ミ「ふっ…」キリッ 黒「いやちょっと待て。訳が分からないぞ」 白「学園生活でショタ?え?えっ!?」 ミ「分からない様ですね…学園には色んな学生が来ます。その中には必ず1人や2人ショタが紛れているのです!!そう!!学園生活の真骨頂は己の欲望を満たす日々その物なのです!!」 セ「その通り!!www学園の中には必ずロリがいるんだよ!!そんな場所に毎日通えるんだぞ?ハッピーラッキーイェーイ!!!!www」 白「…」 黒「アンハッピーアンラッキーだよ…要はお前らのどうでもいい話なわけだな…」 セ「さぁ!!学園のロリが!!」 ミ「ショタが!!」 セ・ミ「「俺達(私達)を待っている!!!!」」 黒「待ってねぇよ。つか不登校になるわ」 白「あはは…は…」
/900

最初のコメントを投稿しよう!