第10章 魔法舞踏会

1/243
2793人が本棚に入れています
本棚に追加
/900

第10章 魔法舞踏会

セ「いやぁ~危なかったねwww」 黒「全くだ…氷帝が来なかったらどうなっていたか…って言うかお前ら何で出て来なかったんだよ?」 ミカ「氷帝の気配がありましたからね…私達が居なくても良かったですよ」 白「えっと…め…め…」 セ「メタイwww」 白「そ、そうです…メタイ…んですか?」 セ「うんメタイねwww」 黒「明日香…無理に変な言葉を使わなくても良いからな?」 白「ですが…何時も3人の会話に…付いて行けれませんから…寂しくて…」シュン… 黒「…大丈夫…あんな馬鹿達の会話に付いて行かなくても俺が通訳するから…」クス セ・ミカ「「然り気無くディスるのはNG」」 黒「さて…1つ手掛かりを見付ける事が出来たな…」 白「氷帝さんの事ですよね?…グレイシア=スノーネス…とアリスから名前を教えて貰いました」 セ「人のプライバシーをホイホイ教える王族www」 ミカ「じゃないと物語が進みませんからね~」 セ・ミカ「「おぉ、メタイメタイwww」」 白「…」 黒「見てはいけません!」 白「え?は、はい…」 セ・ミカ「「泣きそう」」
/900

最初のコメントを投稿しよう!