第5章 王城にて

1/11
2797人が本棚に入れています
本棚に追加
/900

第5章 王城にて

セ「無事に合流出来ましたでつwww」 黒「最後揉みくちゃになったけどな」 白「すみません…私がもっとしっかりしていれば…」 黒「いや、明日香だけのせいじゃないよ。俺にも非があるし…だからそんなに落ち込むな…な?」 白「ありがとうございます…結斗君」クス 黒「そうそう笑顔が一番だよ何事も」ウンウン ミ「これからどうする方針なんです?」 黒「ん…予定としては明日香がまだギルドに加入してないから加入して…その後は拠点探しかな。俺達まだ住むとこ無いし」 白「暫くは宿生活になりそうですね」 黒「だな」 セ「ところがどっこいwwwお前ら甘いなwww」 白「え?」 黒「何が甘いんだ?」 セ「お前達は異世界あるあるの一つを忘れているのさwww」 白「?」 黒「………あwww」 セ「気付いたか黒野よwww」 白「?…あの…分かりません…」 セ「ヒントは10代の若者が行く所だwww」 白「……………あ…学校」 セ「そのとぅううるぃいい!!www」 ミ「何らかの理由で学校に行く事になるんですね。それでは見ていきましょう」
/900

最初のコメントを投稿しよう!