第13章 魔国進軍

1/38
2798人が本棚に入れています
本棚に追加
/900

第13章 魔国進軍

セ「遂に頭の可笑しい奴等が敵陣に侵入する模様でありますwww」 ミカ「尚、今回は常識人もストレスという名の負のエネルギーにより戦闘の事しか頭に入っていない模様です」 セ「予想…天候が荒れまくるwww」 黒「特に雨が止まなそうだな…」 白「サリアさんの事…ですよね」 黒「仕事の元凶の所に行くんだからな…それはしょうがないさ…。…明日香」 白「はい?」 黒「後ろは頼んだぞ。生きて帰ろう」 白「…はい。貴方の背中は私が守ります…ですから…結斗君も私を守って下さいね…?」クス 黒「あぁ。君は絶対に守ってみせる…」クス セ「ごちそうさまでしたー!!!!!!!!」ダッ!! ミカ「引きニートがログアウトしました。では本編に移りましょう」
/900

最初のコメントを投稿しよう!