第四回 食人鬼

1/14
9人が本棚に入れています
本棚に追加
/137

第四回 食人鬼

  ***  月光に刃が反射して輝く。  乱丸は妖刀を右手に提げて、眼前の敵を見据えた。それは一見すれば狂女のようであるが、その実は魔性に憑かれた人食いの化物であった。 “お前の魂を喰らってやる!”  魔性は月下に吠えた。夜の闇に長い髪が乱れて広がった。魔性の深紅の瞳が乱丸を捉えて離さぬ。 「やってみな」  乱丸はつぶやき歩を詰めた。  一歩また一歩と魔性との間合いを詰める。  乱丸は死を覚悟した男の目をしていた “ウシャアアアア!”  魔性は両手をまっすぐに伸ばして乱丸に襲いかかってきた。  乱丸は素早く体を右へ回りこませた。 「御免!」  そして一刀を打ちこむ。その一閃は魔性の突き出した両腕を切り落とした。 “ぐえええ!”  両腕を失った魔性を身軽に跳ねた。そして建物の屋根に飛び降りると、一目散に逃げ出した。 「……逃がしたか」  乱丸は懐紙を取り出して妖刀の刃を拭うと鞘に納めた。顔は汗でびっしょりと濡れていた。 (恐ろしい……)  乱丸は夜空を見上げた。何が悲しくて魔性に転じたのか。彼は世間に満ちた暗黒を垣間見るような心地がした。  心が暗黒に染まっているのは、自分だけではないのだ。     
/137

最初のコメントを投稿しよう!