第五回 妖女伝

1/53
9人が本棚に入れています
本棚に追加
/137

第五回 妖女伝

   *****  二千石の旗本、伊良沢新右衛門の嫡男である源一郎が妻を迎えた。  それだけの話だが、この妻は大層な美女であり、また経歴も不明なのだ。  浪人達に狼藉されそうになっていた女を源一郎が助け、そして一目惚れし――  執念で父母を説得して婚礼に到った。知り合ってから半月という速さだ。 「よろしいのでは」  乱丸は越前の屋敷の庭で、彼の話を聞いている。特に問題はないように思われた。 「若いな乱丸」  越前は盆栽に鋏を入れていた。 「は?」 「若い者には気迫がある。蛮勇がある。目標に向かって一途になる。それも大事だが、物事は真に見極めねばならぬ」  言って越前は苦笑した。奉行としての彼は笑いなど見せぬ男であるが、乱丸を前にすると勝手が違うようだ。 「説教臭くなった。許せ」 「何か問題が?」 「うむ、その妻が普通の女でなければどうする?」  伊良沢家の女中がまず消えた。次に下男が消えた。ある日、ぷっつり姿を見せなくなった。  消えたからといって伊良沢家では騒ぐ事はなかった。新たに人を雇いいれたのみである。  だが新しい女中と下男が再び消えたというのは、如何なる事態であるか。 「……主はどうしたのですか」     
/137

最初のコメントを投稿しよう!